不動産のアライブホーム > アライブブログ > 総資産管理奮闘記vol.40

アライブブログ

最新ニュースをお届けする アライブブログ

  • アライブニュース
  • 空室対策レポート
  • 総資産管理 奮闘記
  • 賃貸管理
202004
28

総資産管理奮闘記vol.40

総資産管理 奮闘記

sisan_t.png2020年4月1日より120年ぶりに民法が改正されました。不動産業にとって、一番重要な改正点は個人(根)保証についての極度額設定の義務化でしょう。

4-11.pngこれまで、連帯保証人は、賃借人の負うべき一切の債務を負っていたのですが、保証人保護の流れの中で、2020年4月1日新民法施行に伴い、個人が保証する際には、「極度額」(=限度額)の設定が必要となりました。
 どういうことかというと、改正前は、たとえば家賃滞納や原状回復費用などの合計が100万円であれば、保証人も100万円の支払義務を負い、200万であれば、200万円の支払義務を負いました。kinosita4.png
上限額がなかったわけですが、今回の改正で、予め合意した極度額が100万円であれば、損害金が200万円であったとしても、保証人は100万円までしか支払義務を負わないことになります。
 ポイントとしては、極度額を記載しなければいくら連帯保証人から署名捺印をもらっても
保証契約は無効という点です。アライブではすでに"保証会社の利用"や"極度額の設定"
で対応しております。未対応の方は早急に対策が必要ですので、ご相談下さい。

eigyoubu(syusi)5.png

ページの先頭へ

営業エリア
  • 浜松
  • 磐田
  • 袋井
  • 掛川

賃貸ブログ 各店舗スタッフが、お得な情報を発信

最近の投稿

月別の投稿

売却相談・無料査定 不動産に関するご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください

最新ニュースをお届けする アライブブログ

オーナー様へ

土地活用

  • 土地活用における浜松の魅力
  • 土地活用事例
  • 土地売却

マンション賃貸管理

  • 賃貸管理
  • 空室対策

浜松のウィークリーマンション ヒルトップ松城

お問い合わせ
お問い合わせフォーム
売却相談無料査定フォーム
レンタルシリーズお問い合わせフォーム