アライブ

aliveblog アライブ通信

アライブコーポレートサイト > アライブ通信 > vol.177 「賃貸住宅管理業法」がいよいよ始まります。

vol.177 「賃貸住宅管理業法」がいよいよ始まります。2021/05/31 アライブニュース

2020年6月に制定された「賃貸住宅管理業法」が、1年間の準備期間を経ていよいよスタートします。

国土交通省から

  ①2021615日より施行開始

  ②賃貸管理会社は施行後1年以内(20226月まで)に業者登録を終える必要がある

  ③登録事業者には「賃貸不動産経営管理士」の常駐など一定の義務を課す

とのアナウンスがありました。
アライブにはすでに18人の「賃貸不動産経営管理士」が在籍しており、登録手続き自体はスムーズに進められる見通しです。
本制度は2018年の「かぼちゃの馬車」事件など、不適正な賃貸管理業務によって大勢の賃貸オーナーが被害を被った経緯を踏まえて、
「賃貸管理会社の資質向上」を目的として制定されたものです。
アライブは「お客様に選ばれる部屋を作りこむ」「その魅力を広く伝え、良いお客様に借りていただく」「入居者に長く快適に暮らしていただく」の
3つの当たり前を愚直に続けることが賃貸経営の成功の原点だと考えています。
新制度が求める水準は当然に順守すると共に、「オーナー様の賃貸経営を成功に導くパートナー」として、さらに信頼に足る企業を目指してまいります。

株式会社アライブ 代表取締役 須山 雄造


「賃貸住宅管理業法」とは・・

『賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律』の施行により、業を行うために一定の能力や要件が求められ、
国に認められた管理業者が、法に基づいた適切な管理を行なわなければなりません。
アライブの今までの管理がその能力と要件を満たしていると自負していますが、改めて賃貸住宅管理業の登録を行い、
賃貸人のオーナーの皆様に信頼していただく社会的地位を向上できるよう準備を進めています。
下記に登録義務と行為規制の図を添付します。

※アライブでは現在 18名の賃貸不動産経営管理士が在籍し、 ③で記載された業務管理者への
移行講習受講を準備しています。

管理部部長 北島 靖浩

2021年度の部門横断活動がスタートしました!

全社員対象に部署の枠組みを超えて選抜チームを組み、一年間テーマを決めて課題解決を図る活動、弊社恒例の部門横断活動が今年もスタートしました。
今期は『IT活用による生産性向上と顧客サービスの向上』『企業ブランディング活動』『資産コンサルティングの3つのテーマで各作業チームが目標を設定し活動をします。
追ってこの活動の進捗をご紹介できればと思います。

ペーパレス化の取り組み

環境保全や経費削減の観点から進められている企業のペーパレス化。弊社もオーナーの皆様へ毎月お送りする入金明細や、見積書など多くの紙を使用しており、
またその保管にも多くのスペースを使っています。
現在はその紙データをPDFにして保管する「ドキュワークス」というソフトウェアを利用し、
ペーパレス化を進めています。業務効率UPも期待されます。

大家さんフェスタ@名古屋 出店します

6/26(土)に開催される『大家さんフェスタ2021@名古屋』に弊社も出店します。
当イベントは賃貸経営者向けフリーペーパー「オーナーズスタイル」が主催で、賃貸経営や相続等の各種セミナーや、賃貸関連企業がブース出展して行われます。
弊社はIREMJAPAN東海支部(CPM:米国不動産経営管理士 日本法人)の賃貸経営相談コーナーに出店しますので、よろしければお立ち寄りください。

大家さんフェスタ ウェブサイト:https://owners-style.net/

会場:名古屋市名駅 愛知県産業労働センターウインクあいち6・7F

PFIプロジェクト課 課長 野口 剣吾