不動産のアライブ 2020年度新卒採用サイト - 株式会社アライブ

株式会社アライブ新卒採用ホーム >社員インタビュー:巖城 健太
先輩社員:巖城健太(いわきけんた)

サポートやアドバイスをしてくれるので、安心して業務に取り組めます。

営業部2016年入社巖城 健太

入社のきっかけ、アライブを選んだ理由

大学生の時に名古屋で一人暮らしをしていました。知らない土地で暮らすとなったときに、地元の不動産会社の方が親切にしてくれたのが印象的で、不動産会社に興味をもちました。

親戚が建設業者をやっていて、静岡県西部の不動産会社ならとアライブを勧められました。親会社が須山建設で安定しているというのも魅力の一つでしたね。

先輩社員:巖城健太(いわきけんた)

仕事の内容とやりがい

売買業務として、土地や戸建て住宅、マンションの売却や購入のお手伝いをしています。
物件を売りたい方から相談を受けて金額の設定をしたり、売却のステップやアドバイスをさせていただいています。
逆に土地や物件を探している方には、売りに出ている物件をチェックして紹介し、成約につなげています。

最初の2ヶ月は研修期間で、6月から正式な配属となります。6月下旬には実務作業をしていましたね。
先輩達が優しくサポートやアドバイスをしてくれるので、安心して業務に取り組めます。

先輩社員:巖城健太(いわきけんた)

やりがいとして、当然成約した時は素直に嬉しいですね。
また、一度任せていただいたお客様から、しばらくして「前回よくしていただいたのでまたお願いしたい」とお話をいただいた時は、すごく嬉しかったです。

ただ入社当初、自分の知識が追い付かない時期は苦労しました。
売買の業務では、不動産の知識のみではなく、税金やローン、法律などの専門的な知識も必要になります。お客様から聞かれた時も、初めは一旦持ち帰って回答することが多かったですね。
今はある程度知識も増え、まだまだ足りないところはありますが、自分一人で対応できることが増えました。

先輩社員:巖城健太(いわきけんた)

会社の雰囲気

ずばりアットホームな会社です。
正直プレッシャーはきつくないですね。もちろん営業部なので数値目標はあります。ただ、それに対してプレッシャーをかけたり、咎めたりといったことは全くないですね。 会社として、競わせるのではなく、お互いに協力し合って目標達成しようという雰囲気がとても強いです。
アライブは個人プレーではなく、チームプレーの会社ですね。

先輩社員:巖城健太(いわきけんた)

休日の過ごし方

昨年結婚したので、家族と過ごすことが多いですね。
土日が休みなので遠出もよくします。最近は京都に行ってきました。
また、音楽が好きなのでライブに行ったりもします。名古屋や東京などどこでも行きますね。

休日に会社の人と会うことは、あまりないですね。 ただ仕事帰りに同僚と食事に行くことはあります。他部署の人とも行きますよ。年が近い人が賃貸の店舗に多いこともあり、賃貸部の休日前の火曜日に行くことが多いですね。(私は次の日仕事ですが、、笑)

先輩社員:巖城健太(いわきけんた)

これからの課題や目標

現在はまだまが先輩や上司の助けてもらうことが多いので、今後は少しでも一人でやれることを増やしていきたいです。 その中では、不動産以外の知識を身につけることで、お客様の色々な相談にのったり、提案もできると思います。自分のキャパを広げて、営業のバリエーションや範囲を広げていきたいですね。

入社当初は会社に費用補助をいただき、仕事の後に資格の学校に通って宅地建物取引士を短期間で取得しました。 今度は、FP(ファイナンシャルプランナー)を取りたいと思っています。 業務に直結する資格取得に関しては、会社からの費用補助があるので取り組みやすい環境だと思います。

先輩社員:巖城健太(いわきけんた)

学生に向けてひとこと!

正直自分はどうしてもアライブに入りたいと思っていたわけではありません。
しかし、今は充実した日々を過ごしています。
まずは色々な会社に足を運び、興味があってもなくても、その会社の人の話を聞くことが大切なのかな、と思います。もちろんネットに掲載されている情報は必要ですが、ネットの情報だけに捉われず、自分の目で見て感じたことでしっかり選んでほしいですね。
その上で、アライブを選んでいただければとても嬉しいです!

社員インタビュー