アライブ中途採用サイト

MASAHIRO KATO加藤 昌弘

2008年8月 入社 管理部HD課

常に上を目指していきたい

画像:

ホーム 管理部HD課 加藤 昌弘 インタビュー

現在の具体的な仕事内容

退去の立ち会い、見積もり作成、オーナー様・退去者との交渉、工事の段取り、マンションの改修工事、お客様の要望や依頼の対応等、と仕事内容は多岐に渡ります。
例えばお客様の要望や依頼の対応であれば、お客様から要望や依頼を受けて現地を確認し、その場で対応が可能であれば自分で行います。その場での対応が難しければ、業者に依頼します。マンションのリノベーションであれば、賃貸部のスタッフから間取りの依頼がきて、それに対して私たちが見積もりを提示します。間取りを考えるのは、賃貸部の仕事ですね。対象となるマンション周辺の状況が分かっていますし、募集をしやすい間取りも知っています。
その後、賃貸部がオーナー様に費用面での交渉を行い、OKをいただいたら工事を進めます。ただ、依頼を受けるだけではなく、時にはこちらから提案することもありますね。やはり、部屋が綺麗になるのは気持ちが良いし、リノベーションを行った後の達成感は最高です!実際に何かがあった際にはお客様の部屋の中まで入っていくような仕事なので、入居者様だけではなく、オーナー様にも直接お会いする機会の多い仕事ですね。作業しながら、営業するというか。ここにも今までの経歴が活かされています。その他は、空き部屋にも足を運び、補修箇所の確認等を行ったり、寸法の計測もします。

これまでのキャリア

宝石屋、サーフショップ、設備会社、工務店などを色々な業種を経験してきました。
宝石屋では営業やデパートなどの催事を行い、サーフショップでは友人と二人で起業し経営をしていました。
その後の設備会社では、エアコンの取り付けや水道の修理を行っていました。そして工務店では、現場監督をしていました。
この時にリフォーム等も行っていたので、住宅関係のことは大体分かるようになっていましたね。

入社のきっかけ、重視したこと

工務店で働いていて、それに関係性のある職種に就きたかったからです。住宅関係について一通りの知識を得たので、やはり今までの経験を活かしたいですからね。また基本的に人と話すことが好き、ということも一つの理由だと思います。
地元の同級生が既にアライブで働いていたことも、大きいですね。話を聞いていても、悪い印象が全くなかったのだと思います。それだけ、魅力的な会社だったのだと。

転職して良かったこと

アライブは、社員同士のコミュニケーションがよく取れていると思います。 今までの数社経験してきましたが、そこと比較してもとても良いと感じますね。しつこいようですが、人間関係についてアライブは本当に良いと思います!

株式会社アライブはどのような会社ですか?

行ったことがきちんと評価される会社ですね。 無理矢理仕事をするということではなく、自分が行ったことはその分評価されます。 それが分かっているので、どの仕事でもやりがいを感じますね。 ベースが須山建設ということが、こういった部分でも活かされていると思います。 もちろん福利厚生もしっかりしており、安心して働くことができます。

今後目指していくキャリア、ビジョンがあれば教えてください

まずは資格ですね。今は施工管理の資格を取るため勉強しています。 あとは、私はサラリーマンなので、欲を言えば常に上を目指していきたいですね。

ページの先頭へ

電話でお問い合わせ 募集要項
エントリー