アライブ

aliveblog アライブ通信

アライブコーポレートサイト > アライブ通信 > vol.34 2020年コロナ禍での人気設備ランキング

vol.34 2020年コロナ禍での人気設備ランキング2021/01/05 賃貸管理

全国賃貸住宅新聞にて、2020年度入居者に人気の設備ランキングが発表されました。恒例の設備ランキングですが、今年はコロナ禍における特徴も見受けられます。「この設備があれば周辺相場より家賃が高くても決まる TOP10」、「この設備が無ければ入居が決まらないTOP10」の2種類のランキングが発表になっています。
先月も触れましたが、今回は詳しくお伝えいたします。

この設備があれば周辺相場より家賃が高くても決まる TOP10
 今回、「宅配BOX、システムキッチン、防犯カメラ、TVモニターフォン」など、コロナを意識した設備が、昨年から大きくランクアップしています。宅配BOXは、単身では既に3位でランクインでしたが、ファミリーも昨年から4位上がり、2位にランクインしました。感染防止、在宅率UP、防犯などがポイントになっていると感じます。
また「インターネット無料」については、単身・ファミリーともに1位でした。既に数年来1位を取り続けていますが、今年はダントツ1位ではないかと思われます。コロナ禍でのリモートワークが急増、また単純にネット検索のアクセス数が増加しているのも起因していると思われます。なお、インターネット設備は昨今その機能(速度や容量など)の高いものを求められることが多くなり、ただ単に設備されていればよいとは言えなくなってきた点にもご注意いただければと思います。

この設備が無ければ入居が決まらない TOP10
 こちらの設備は、無いと入居者の希望物件候補にすら選ばれないとも言えます。今回は、正直、例年とほぼ変わっていません。ただ、「この設備があれば周辺相場より家賃が高くても決まる」で出てくる内容が、こちらの「この設備が無ければ入居が決まらない」の方に回ってきている設備(インターネット無料など)もありますのでご確認ください。
2021年の繁忙期は、コロナ禍もあり、例年より入居者獲得競争に陥るのではないかと考えられています。オーナー様にとっては、例年以上に、「コロナ特有の、意識したより新しいもの、より機能性の高いもの」など、取り付け、交換を、早めに実施する事をお勧めします。弊社からも、この機会に改めて設備についてご提案を強化して参ります。