不動産のアライブホーム > 社長ブログ

社長ブログ

イチオシ物件紹介物件選びのポイントその他

その他 管理戸数5000戸になりました

今期はアライブが創業してちょうど30期になります。記念すべき節目の年、2020年7月に管理戸数が5000戸の大台に到達しました。

kanrikosu.jpg

8月1日現在、建物数で543棟、オーナー様は総数336名になります。我々にとって管理戸数は「オーナー様からの信頼の証」であり、とても大事な経営指標です。

大勢のオーナー様から、大切な不動産の運営をお任せいただいていることを、誇りに思います。

我々が管理戸数にこだわるのは、管理戸数が多いほど、お客様によりよいサービスを提供できると考えているからです。

お部屋探しのお問い合わせが「ご紹介できる物件が多い不動産会社」に集中するのは自然なことです。管理物件の多いことで、入居率が向上し、結果的にさらに管理物件が増える。。。という好循環がおこります。

また、家賃管理のようなデスクワークが賃貸管理ビジネスにはつきものですが、この分野はIT投資や業務プロセスの標準化で大幅に生産性を上げることができます。例えば、アライブは管理戸数3000戸の時、家賃管理スタッフは3名でした。5000戸になった現在も、3名で業務を回しています。1.5倍以上の生産性UPです。

生産性UPで生じた余力を、我々は空室募集や物件改善、入居者サービスに投じています。例えば、原状回復や建物トラブルフォローを担当するハウスドクター課のスタッフは、3000戸の時は2名でした。現在は6名の専属スタッフがいます。それだけ、きめ細かく迅速な対応ができていると自負しています。

社員にとっても生産性UPは大切です。詳細は伏せますが、社員の待遇も管理戸数UPにあわせて少しずつ、着実にレベルアップしています。

もちろん、この好循環は管理をお任せいただいているオーナー様があって初めて成り立ちます。

オーナー様には、まずは「高入居率」。長期的には「賃貸経営の成功」をお返しすることが、我々の責任です。

「頼んでよかった」をすべての人に。・・・これが我々のコーポレートスローガンです。

alive_kaisya.jpg

今後も、地域のお客様に必要とされるプロフェッショナル集団を目指して、成長してまいります。

投稿日: 2020年8月 1日

ページの先頭へ

その他 須山グループの目指す姿

2020年度から、須山グループでは新しい3か年中期計画がスタートしました。

我々が目指す姿を『グループビジョン』にまとめています。

group_vision2.jpg

一部抜粋してご紹介します。

==============
■仕事を通じて、社員と家族の幸せを追求します

 須山グループのビジネスは人材がすべてであり、社員の幸せそのものが、会社の大切な目的です。

 仕事のやりがい・処遇・職場環境などの絶えざる改善を通して、縁あって入社したすべての社員が「須山グループに入ってよかった」と感じられる会社を目指します。

■お客様と地域の課題を解決する専門家集団を目指します

 公共インフラの老朽化・郊外の過疎化・高齢化・企業の人手不足・地球温暖化・財政赤字の拡大・・など様々な社会の変化に伴い、世の中には新たな課題が絶えず生じています。

 『地域密着のまちづくり専門家集団』として、お客様と地域の新しい課題に向き合い、一気通貫の解決策を提案する会社になることが、須山グループの目指す姿です。

■総合力で大切なお客様に選ばれる存在に

 我々の価値を安売りする価格競争の仕事では、社員やパートナー企業を幸せにできません。価格だけで判断しない、我々の課題解決力と技術力を高く買っていただけるお客様を大切にします。

 須山グループは『総合力』で他社との差別化を進めます。「まちづくり」の分野において、いざというときにこそ頼られる、『総合力』で大切なお客様から選ばれる企業を目指します。

■地域NO.1の事業規模と多角化に挑戦します

 総合力のある企業としてお客様に選ばれるには、仕事の質の面ではもちろん、売上、利益、施工実績、資格者数...など規模の観点でも「地域NO.1」であることが必要です。縮小均衡に陥いることなく、常に成長に挑戦します。
 
 また、幅広い課題を解決できる「ワンストップサービス企業」の地位をさらに強化するために、新規事業立ち上げ、M&A等を通して総合建設業の川上・川下の両面で多角化を進めます。

■「温暖化対策」と「防災」で地域社会に貢献します

 CO2削減に積極的に取り組み、地球環境に貢献すると共に、同様の問題意識を持つ先進的なお客様のパートナーとなることを目指します。
 
 また、お客様と地域社会は、災害時の迅速な対応を我々に期待しています。台風対応など通常の災害対応に加え、将来の南海トラフ地震への事前の準備に万全を期し、防災力向上を進めます。

==============

アライブも、須山グループの一員として、同じ理想を追求しています。

多様なプロ人材が集う『専門家集団』として、総合力でお客様から選ばれる企業でありたい。

小成に安んずることなく、常に成長に挑戦し、地域NO.1の企業でありたい。

はたらく我々自身とその家族が、何よりも楽しく幸せになれる企業でありたい。

危機にこそ頼られる、地域に貢献しうる企業でありたい。

そういう会社を目指しています。

◎中途採用サイト
 https://www.your-alive.co.jp/recruit

「アライブの目指す姿」に共感する仲間をお待ちしています。

投稿日: 2020年7月 1日

ページの先頭へ

その他 あらためて、2020年度のスタートを

緊急事態宣言も解除されて、少しずつ経済活動が元に戻ってきました。
ようやく、2020年度がスタートしたという実感があります。

昨年度は、アライブにとって素晴らしい成果が出た1年でした。
特に、以下の3点は自信を持ってアピールできる結果です。

------------------
・静大学生物件の入居率99.5%(全544戸中、空室3戸)
・管理物件 347戸UP(4,570戸 → 4,917戸)
・お客様ご不満による管理解約ゼロ(自己利用に変更等による管理終了5戸のみ)
------------------

もちろん、お客様にとって信頼できるパートナーであり続けるためには、会社にはまだまだ課題は多くあります。
一方で、ひとつずつ解決していくことで、一歩一歩成長していけるという手ごたえもあります。

2020年度は、須山グループ全体の3か年中期計画がスタートする節目の年です。

tyukei.jpg

アライブは、この3か年で「量的拡大」「質的成長」を追求します。

-----------
(1)量的拡大
  管理戸数を更に伸ばし、地域NO.1の賃貸管理会社へ

(2)質的成長
  資産コンサルティング力を強化し、お客様の課題解決パートナーへ
-----------

tyukei1.jpg

量的拡大と質的成長は、車の両輪です。

賃貸管理業は一種の装置産業であり、規模を拡大してエリア内のお客様数が高密度になればなるほど、生産性が向上し、より高品質なサービスが提供できます。

生産性が向上することで、資産コンサルティング力を高める余地が生まれます。一人一人の社員の能力開発に投資して、その成果をお客様に還元することができます。

tyukei2.jpg

アライブは『「頼んでよかった」をすべてのひとに』をコーポレートスローガンに掲げ、地域にとってなくてはならない会社を目指しています。

alive_kaisya.jpg

あらためて、本年度もアライブをよろしくお願いいたします。

投稿日: 2020年6月 1日

ページの先頭へ

その他 新本社の起工式を執り行いました

新型コロナの感染拡大で緊張感のある毎日ですが、アライブは本社移転計画を進めています。

alive_honsya.jpg

静岡大学浜松キャンパスのすぐ南側、城北三丁目で新しいオフィスを建設中です。

先日、起工式を執り行いました。

DSCF3610.JPG

(1)事業拡大で、現オフィスが手狭になったこと
(2)いずれ来る南海トラフ地震に備えてより耐震性の高いオフィスを必要とすること
(3)お客様の利便性のため、よりアクセスのよい立地が本社にふさわしいこと

が移転の理由です。

建設工事完成後、今年の12月に新しいオフィスへ移転する予定です。

alive_yosou.jpg

先行き不透明な日々が続きますが、いまの困難の先に、穏やかな日常が帰ってくることは間違いありません。

その日に備え、本社移転を機に、さらに地域に必要とされる不動産会社を目指して成長してまいります!

投稿日: 2020年5月 1日

ページの先頭へ

その他 新型コロナ対策・・・『密閉・密集・密接』を避ける

新型コロナウイルスの世界的な流行で、ありとあらゆるところに大きな影響が出ています。

幸い、アライブは例年と変わらない忙しい年度末を迎えましたが、これはむしろ例外という気がします。

飲食業・旅行代理店・旅館業などに努める知人の話を聞くと、リーマンショックを上回る過去にない売り上げ減だと聞いています。

須山グループも、新型コロナの影響で社員旅行や新年度の社内イベント、懇親会などをほぼ全部キャンセルしました。

日本中の無数の企業が、同じようにキャンセルをしていることを想像すると、莫大な影響が経済にあるのは間違いない。

しかし、イタリアやスペインのように感染爆発すれば社会は壊滅してしまいますから、一定の自粛はやむを得ないのも事実です。

新型コロナの蔓延を防止しつつ、経済を回していくにはどうすればいいのか?

厚生省の新型コロナ専門家会議のレポートを要約した記事が(少し長文ですが)分かりやすく参考になります。

https://note.com/kyoshimine/n/n6bf078a369f9

以下、自分なりの要約です。

******************

①欧米諸国では感染爆発がすでに起きており、日本でも同様のことが起きる可能性は十分にある。

korona0.jpg

②一方でコロナウイルスは、インフルエンザと違い、ある特定の状況でのみ大勢の人に伝染する特異な性質があるらしい。

korona1.jpg

どうやら、満員電車などではあまり感染していないと思われる。もしインフルエンザのように満員電車でも普通に感染しているなら、東京や大阪でもっと早い段階で感染爆発しているはずだが、そうなっていない。

③専門家会議が北海道の新型コロナの感染ルートを研究した結果、ある特定の状況とは、

 【密閉】 換気の悪い密閉空間であった
 【密集】 多くの人が密集していた
 【密接】 近距離での会話や発声が行われた

の3条件が重なっているところであると推定される。

korona2.jpg

④したがって、この3つの条件が重なる場所を国民が徹底的に避けていれば、欧米諸国のように全面的に都市封鎖しなくても、コロナの蔓延を防ぐことができる。

******************

手洗いうがいの徹底と合わせて、『密閉・密集・密接』・・・例えば屋形船、スポーツジム、ライブハウス、展示商談会、懇親会、格闘技イベントなど・・・を避けることが、『経済を回しながら、コロナの流行を防ぐ』ための鍵になるようです。

多少なりとも生活に制約が続くのは事実ですが、感染爆発が始まって、多数の人が亡くなり、都市封鎖される悲劇を避けるためにも、国民全員で徹底しなければいけない。

人との食事をすべて避けることは、社会生活上かなり困難ですが、できるだけ少人数で食事する(不特定多数での会食はしない)ことで、リスクを下げていくことが大事です。

グローバルに考えれば、新型コロナとの戦いはおそらく数年単位になる可能性は高いでしょう。

『密閉・密集・密接』を徹底的に避けて、長期戦を乗り切っていきたいと思います。

投稿日: 2020年4月 1日

ページの先頭へ

その他 2021年卒 アライブ新卒採用活動スタートです!

3月から、いよいよ2021年卒の就職活動が始まります。

コロナウイルスの件で合同説明会が中止になり、波乱のスタートですが、就職活動が人生にとって大切な節目になることには変わりありません。

学生の皆さんには、できるだけたくさんの会社に足を運んで、じっくりと進路を考えて、自分が本当にやりたい仕事、働きたい職場を選び取ってほしいと思います。

202003_saiyou.jpg

「企業風土」が自分に合っているかどうかは、楽しく・やりがいをもって仕事をするためにほんとうに大事な要素です。

いろいろな会社の先輩方とたくさん話をして、素の自分に合った雰囲気の会社を見つけることができたら素晴らしい。

202003_saiyou2.jpg

ちなみに、アライブはこんな会社です。

https://www.your-alive.co.jp/newgraduate/

https://towtowmi.jp/work_5/

HPでもすこし雰囲気は伝わると思いますが。。。でも、直接お会いすることが一番です。

もしちょっとでも気になるようなら、ぜひ個別説明会に足を運んで、社員と直接会って、もっとアライブのことを知ってほしいです。

アライブでは全6回、個別説明会を開催します。
会場は、アライブの本社です。(https://www.google.com/maps?cid=11295829184694276582
-------
2020/03/10(火) 13:30~15:00
2020/03/14(土) 10:00~11:30
2020/03/17(火) 13:30~15:00
2020/03/21(土) 10:00~11:30
2020/03/24(火) 13:30~15:00
2020/03/28(土) 10:00~11:30
-------

個別説明会は以下のマイナビHPからエントリーになります。

https://job.mynavi.jp/21/pc/corpinfo/displaySeminar/index?optNo=p7YKOC&corpId=109446

皆さんとお会いするのを、アライブ一同楽しみにしています。

投稿日: 2020年3月 1日

ページの先頭へ

その他 掛川市上西郷 新築マンション アソシエPLUS

今日は、掛川の新築マンション『アソシエPLUS』の現場見学会でした。

マンションの場所はこちら。(掛川市上西郷2195−1)

asosie_p_map.jpg

掛川駅からまっすぐ北に3.4km。車で10分と良好なアクセスです。

R0080170.JPG

ちなみに、マンションの近くに2代目将軍 徳川秀忠の生母「西郷の局」の生家があったとのこと。

エントランスにはオートロック・宅配ボックスがついてます。

R0080186.JPG

間取りは35.34㎡ と大型のワンルームです。

M(カラー)_上西郷新築M1号室.jpg

物件の詳細はこちらです。

https://www.chintai-alive.jp/es/rent_building/6530584740000009873

お気軽にアライブ掛川店までお問い合わせください!

投稿日: 2020年2月 1日

ページの先頭へ

その他 災害に備える一年に

あけましておめでとうございます。

振返れば、昨年は大型台風の被害に見舞われた一年でした。

わずかにコースが逸れたことで、遠州地方では大きな被害はなかったものの、長野や東日本では大変な災害になったことは記憶に新しいところです。


(台風19号の被害:千曲川)

地球温暖化の影響なのか、台風は以前よりも格段に増え、規模も大きくなっています。

賃貸管理会社として、「いざ」という時に入居者の安全と、建物の資産価値を守れる会社でありたいと思います。

そのために、オーナー様に建物メンテナンスや保険を提案して、事前の備えを一緒に進めていくことも、我々の責任だと感じています。

大きな災害がないことを願いつつ、しっかりと「万が一」に備えていく一年にしてまいります。

本年もよろしくお願いします。


投稿日: 2020年1月 7日

ページの先頭へ

その他 今年も「改善活動発表会」を開催しました

昨年に引き続き、今年も12月3日に「アライブ改善活動発表会」を開催しました。

※昨年の様子はこちら
 https://www.your-alive.co.jp/president/2019/01/

昨年以上にレベルの高い発表ばかりで、アライブのスタッフの改善マインドがますます高まっていることを強く感じました。

おかげさまで、今年は昨年以上に賃貸管理のご相談を多くのオーナー様から頂いており、うれしい悲鳴を上げています。

日に日に増えていく賃貸物件をしっかりと管理・運営するには、限られた時間をより効率よくに使うために、仕事のやりかたを繰り返し見直す必要があります。

********
・トップダウン方式による「マニュアルの精度と実行の徹底性」で勝負するのは、専業化した全国大手企業のやりかた
・アライブのような「地域密着・多角化」企業では、ボトムアップ方式で「現場の創意工夫を仕事に反映させる」柔軟性こそが高い成果につながる
********

と確信しています。


そして、「改善マインドの盛り上げ役」は社長であるわたしの最重要の仕事のひとつだと考えてます。

アライブみんなの創意工夫で、お客様にさらに良いサービスを提供してまいります!

投稿日: 2019年12月 4日

ページの先頭へ

その他 静岡大学と浜松医科大学の合併について

静岡大学浜松キャンパスと浜松医科大学が合併して「浜松医科工科大学」に改称するというニュース、お読みになった方も多いと思います。

https://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/675661.html

「情報学部の存在感が薄れてしまう」などの理由で反対の声もあるそうです。たしかに、理解できるところです。

浜松キャンパス学生物件、地域シェアNO.1のアライブとしても、気になるニュースです。


合併推進派の静岡大学石井学長が、個人ブログで合併について詳細に説明しています。

https://wwp.shizuoka.ac.jp/president-blog/

非常にストレート、また論理的で丁寧な説明で、このブログ全体を通して、石井学長の合併に賭ける熱意と誠意が伝わってきます。

関心のあるかたは是非直接読んでいただきたいのですが、かなりの長文なので、私の理解なりに、要約します。

*******************

・浜松医科大学と静岡大学が合併して医学部を含む総合大学となることは、教育の多様性や大学運営上の財政面で大きなメリットがある。

・2000年に全学部共通の教養課程が廃止されて以降、静岡キャンパスと浜松キャンパスは事実上別々の大学として機能しており、学生間の交流は少ない。合併により静岡大学ホールディングスの下に「静岡地区大学」と「浜松地区大学」の2大学に再編して、組織の在り方を実際の大学の実情に合わせることは、意思決定の合理化・迅速化につながる。

・合併により、「静岡地区大学」よりも、医学部を含む「浜松地区大学」のほうが財政的・規模的に大きくなるのは事実だが、合併に伴い現状の静岡キャンパスの財政や事業規模が縮小されるわけではない。

・「浜松地区大学」の名称が「浜松医科工科大学」になると新聞報道されているが、正式決定した事実はない。「情報学部の存在感が薄くなる」ことを根拠にした反対論があることは承知している。ただし、大学の名称が単科大学的であっても、多様な研究教育に従事する優れた大学は多数ある。「名称が単科大学的であるから、大学のブランド価値が下がる」というという意見には根拠が薄いと感じている。

・浜松医科大学と静岡大学の合併については、適切なプロセスを経て、大学の意思決定機関すべての賛成を経ているものであり、手続き上の瑕疵はないと考える。なお、現状、本学の意思決定機関では静岡キャンパス所属教授が大多数を占めており、浜松キャンパスの意向が通りにくい現実がある。「意思決定のプロセスで、静岡キャンパス側の主張が軽視されている」という意見は事実と反する。

*******************

個人的には、小異を捨てて大同につき、この合併が成功裏に進み、「静岡地区大学」と「浜松地区大学」の双方ががますます発展していくことを強く願っています。

投稿日: 2019年11月 1日

ページの先頭へ

営業エリア
  • 浜松
  • 磐田
  • 袋井
  • 掛川
  • 静岡

最近の投稿

月別の投稿

売却相談・無料査定 不動産に関するご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください

最新ニュースをお届けする アライブブログ

オーナー様へ

土地活用

  • 土地活用における浜松の魅力
  • 土地活用事例
  • 土地売却

マンション賃貸管理

  • 賃貸管理
  • 空室対策

浜松のウィークリーマンション ヒルトップ松城

お問い合わせ
お問い合わせフォーム
売却相談無料査定フォーム
レンタルシリーズお問い合わせフォーム