不動産のアライブホーム > 社長ブログ

社長ブログ

イチオシ物件紹介物件選びのポイントその他

その他 常勝集団のプリンシプル

ラグビーワールドカップ、盛り上がってます!

僕もテレビやファンゾーンで釘付けになって見ています。

ワールドカップが始まるまで、ルールを知らなかったんですが、集中的に5~6試合みると、何となく分かってきます。

今回の日本代表は、帝京大学ラグビー部OBが多い。

フッカーの堀江選手、フランカーの姫野選手、スクラムハーフの流選手ほか、31名中7名が帝京OBです。

帝京ラグビー部の岩出監督の「常勝集団のプリンシプル」を読むと、OBが活躍する理由が何となくわかります。

以下、この本から印象的なところを抜粋します。

******************

・技術や根性、伝統だけで勝てる時代は終わった

・「自分で決める」から、やる気になる

・部下がその気になるまで辛抱強く待つことも、人材育成のマネジメントの重要な仕事

・余裕のある人が、余裕のない人の仕事を引き受けるから、組織全体にも余裕が出てくる。

・ラグビーの勝利がすべてではない。部員が卒業後、社会人となり、周囲の人たちからしっかり愛されて、信頼されて、幸せに人生を生きていけるように、ラグビーを通して人間的に成長してもらうこと。これが目標。

・失敗は成長の糧であり、進化のきっかけとなる「ありがたいヒント」

・大事なのは未来や過去ではなく「現在」

・組織文化のフレームワークは、トップが作っていく人工物であり、自然にできていくものではない

・トップの一挙手一投足は、トップ本人が思っている以上に、組織文化に重大な影響を与える

・組織文化の大敵は惰性。「去年勝てたのだから、今年もそれを繰り返せばよい」と発想した瞬間から、チームの弱体化が始まる。

・失敗を恐れて守りに入るよりも、挑戦して失敗したほうが、組織の文化やモチベーションに与えるダメージは少ない。

・圧倒的な強者だからこそ、組織の内部には惰性や油断が生まれていく。

・見えないものほど大事。見えるものはすぐに真似される。

******************


日本代表の勝利を願っています。

投稿日: 2019年10月10日

ページの先頭へ

その他 「日本人の国民性調査」のご紹介

最近、ちょっとした関心があって「日本人の国民性調査」結果を読む機会がありました。
調査を実施している統計数理研究所によると。。。

----------
「日本人の国民性調査」は、統計数理研究所が行っている統計調査の一つで、日本人のものの見方や考え方とその変化を、社会調査によってとらえようとするものです。

 調査が始まったのは、戦後間もない1953年 (昭和28年) です。その後5年ごとに調査を繰り返し、初回から数えて60年目の2013年 (平成25年) には第13次調査を行いました。これらの調査は、基本的には同じ調査手法・同じ質問項目で実施しています。
----------

同じ調査項目で長年にわたってリサーチを続けることで、日本人のメンタリティの長期敵な変化の傾向を見ることができる、貴重な調査です。

個人的に興味深かった調査結果を二つだけ紹介します。

**************

1)日本人は年々「親切」になっている

たいていの人は『他人の役に立とうとしているか』、あるいは『自分のことだけに気をくばっているか』を尋ねたところ,"他人の役に"という人は1978年は19%に過ぎなかったが,その割合は毎回少しずつ増加し,今回2013年は前回2008年の36%から10ポイント近く伸びた45%となって,はじめて"自分のことだけ"の割合 (42%) を上回った


2)今の20代は過去最高に「未来を楽観」している

20歳代に限ると,楽観的見通しの割合は1978年よりも2013年の方が高く,例えば"ひとびとは幸福になると思う"という20歳代は2013年には42%にものぼる。

**************

いろいろとネガティブなニュースが多い昨今ですが、全体でみると、日本は着実に「いい国」になっているんですね。

この調査は2013年度に実査した結果で、2018年度版の調査レポートが近日中に公開されるとのこと。どういう結果になるか、楽しみです。

2013年度版の調査結果の詳細は、下記になります。

ご関心のある方はぜひ。

https://www.ism.ac.jp/kokuminsei/page2/index.html

投稿日: 2019年9月 1日

ページの先頭へ

その他 「はままつ仕事図鑑」創刊になりました

高校の同級生の外山さんが編集・出版した、浜松の魅力ある職場を紹介した「はままつ仕事図鑑」が創刊になりました。


(「はままつ仕事図鑑」特設ページ)
https://shigoto-hm.com/

谷島屋さんの各店で平積みになっています。


通読して、浜松には、ほんとうに魅力的な職場がたくさんあるなーと改めて思います。

同じ価値観をもった仲間と一緒に働ける、自分の仕事が世の中の役に立っていると実感できる、家庭とバランスよく仕事ができる、フェアな報酬だと感じられる、自分の持ち味を発揮できる・・・

だれしも、こういう職場で働きたいですよね。僕もそうです。

少子高齢化、人手不足の今だからこそ、「いい職場づくり」で経営者は必死になって競争するべきだし、それが合理的だ、と結構真面目に思っています。

理想の職場までの道のりはまだまだ遠いですが。。。

でも、一歩一歩進んでいくことが大事だと自分に言い聞かせてもいます。

「はままつ仕事図鑑」、アライブの社員も登場しています。

ぜひ谷島屋さんでお手に取ってみてください。

投稿日: 2019年8月 1日

ページの先頭へ

その他 賃貸経営応援セミナー 開催しました

6/23に、本年度第一回目の賃貸経営応援セミナーを実施しました。

「この春に行った生の空室対策とテナントリテンションについて」と題し、
参加された25組30名のオーナー様と一緒に賃貸経営のありかたを議論し、
またアライブの取り組みをお伝えしました。


結局のところ、賃貸経営は
 1)いい部屋を作って、しっかりと情報発信して、良い人に入居してもらう
 2)入居者には快適に暮らしていただき、できるだけ長く住んでもらう

の2つに尽きる、と我々は考えます。

そのための地道な取り組みを、飽きずにどれだけ真面目にやれるか、が勝負です。

もっとも、
「どういう物件を、いくらで購入するか(新築するか)」
「金利をいくらで借りるか、どれだけ自己資金を入れるか」
も極めて重要なのですが。。。

これらは、賃貸経営をスタートする前に徹底的に考えるべき問題です。

賃貸経営がスタートした後は、当たり前のことを、地道に精度高く取り組み続けることに、一番価値がある。

我々は、こういう考え方で、(地味ですが)かなりまじめに賃貸経営に取り組んでます。

次回は8月にセミナー開催します。

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

投稿日: 2019年7月 2日

ページの先頭へ

その他 社員旅行にいってきました

アライブでは、隔年で2泊3日の社員旅行をしています。

今年は沖縄班と金沢班。僕は金沢班で参加しました。

金沢を観光するのは初めてで、見どころがたくさんありました。


人口は46万人と浜松市よりもだいぶ少ないのですが、中心市街地は浜松よりもずっとにぎやかでした。

あと、とにかく美術館・博物館が多い!金沢21世紀美術館を代表に、金沢能楽美術館、石川近代文学館、石川県立美術館、石川県立歴史博物館、鈴木大拙館、泉鏡花記念館・・・と一日ではとても回り切れない。

https://4travel.jp/domestic/area/hokuriku/ishikawa/kanazawa/kanazawashinai/museum

歴史と文化の厚みがある街でした。

一方、僕は職業病で、観光で違う街に行くと、必ずコンビニの求人誌を見て求人の数と質をチェックするのですが。。。求人は浜松の方がずっと多かったです。時給も、正直浜松のほうが高い。

浜松は良くも悪くも仕事をする街なんだな~と改めて思います。

観光力では金沢に完敗ですが、日々を暮らしていくには、やっぱり浜松ですね。

投稿日: 2019年6月 5日

ページの先頭へ

その他 賃貸マンション経営の実態

不動産会社で仕事をしていると、ときどき

「人口が減っていく中で賃貸マンション経営って大丈夫なんですか?」

という質問を受けることがあります。

新卒採用の現場で、学生さんから聞かれることもあります。

直感的には、人口が減れば空室も増えて、賃貸マンション経営は厳しくなるように思えます。

一方で、アライブの管理物件の入居率は上がっており、お任せいただく管理物件も増えています。

また、今年の2月~3月に須山建設の設計・施工で浜松駅周辺に4棟・67戸の新築賃貸マンションを一度にお引渡ししました。これらの物件も、3月末までにすべて満室になりました。

■浜松駅周辺の新築物件(須山建設)
 https://www.gankooyaji.jp/blog/cat61/
 https://www.gankooyaji.jp/blog/cat54/
 https://www.gankooyaji.jp/blog/cat53/
 https://www.gankooyaji.jp/blog/cat52/


現場の実態としては、賃貸マンションの経営環境は決して悪くない。

このギャップをどう考えればいいのか?

***********

考えられる要因をいくつかリストアップしてみます。

1)人口は減っているが、世帯数は増えている

 浜松市の世帯数は、
  2016年5月...329,385世帯
  2017年5月...332,505世帯
  2018年5月...335,838世帯
  2019年5月...339,265世帯

 と、毎年およそ3000世帯ずつ、着実に増えています。人口は微減していても、それ以上ペースで単身化・核家族化が進んでいるんですね。世帯数が増えている限り、賃貸マンションのニーズは根強くある。


2)今のお客様が求めるレベルの部屋は不足している

 5/11現在、SUUMO上には浜松市中区の2LDKは「8,889件」募集されています。
 ただし、「バストイレ別、駐車場、エアコン、室内洗濯機、シャワートイレ、追い炊き、モニターホン」を条件にすると、「3,103件」になってしまう。

 これらの設備は、今のお客様にとってはほぼ必須の条件です。そうすると、「8,889件-3,103件=5,786件」は、最初から選考外の物件、ということになります。

 空室の65%以上は、「当たり前にやるべき空室対策」をやっていないわけです。
 
 逆に言えば、当たり前の設備グレードアップをやるだけで上位35%に入ることができるし、そうすればキチンと入居者を見つけることはそれほど難しくない。
 
 これは、管理会社の仕事です。オーナー様に、今の入居者のニーズをしっかりと説明して、やるべきリフォームをしっかりやって、選ばれる部屋を作る。こういう当たり前のことをやれている会社は、意外なほど少ないように思います。
 
***********

最近、大手企業の賃貸住宅に関する不祥事が続いています。思うに、賃貸マンション経営というのは本質的に地道な、地域密着でコツコツとやるべき仕事です。

地域ごとに経済環境も都市の成り立ちも異なるにも関わらず、効率優先で全国一律で建物とサービスを展開して、現場のニーズとのギャップはサブリースの仕組みで埋めていく。。。という発想に無理があるように思う。

ミドルリスク・ミドルリターンの長期資産運用として、賃貸マンション経営の魅力とリスクが正しく認識されることを願っています。


投稿日: 2019年5月11日

ページの先頭へ

その他 e-bikeで浜名湖一周してきました

先日、浜松駅前の「浜松魅力発信館 The GATE HAMAMATSU」で、ヤマハ発動機製の最新式電動アシスト自転車をレンタルして、浜名湖一周してきました。


2年前に普通の自転車で浜名湖一周した時はかなり疲労困憊でしたが、今回は電気の力を借りて楽しく散歩気分でサイクリングできました。テクノロジーの進歩はすごい!

カタログスペックではバッテリーの持ちは109kmですが、約100km走って70%ほどの電力消費と、カタログ以上の性能をみせてくれました。


従来の電動アシスト自転車は、買い物や通学通勤を目的としたシティサイクルでしたが、この数年、大容量バッテリーを搭載したスポーツサイクルが「e-bike」としてヨーロッパを中心に急速に発展を遂げているそうです。


30万円前後とお値段は相当ですが、一日乗ると売れている理由が分かる優れモノでした。

投稿日: 2019年4月 2日

ページの先頭へ

その他 新卒採用シーズンが始まります

3月1日から、いよいよ新卒採用解禁です。

アライブも、新卒採用ページを開設しました。ぜひ一度ご覧ください。

https://www.your-alive.co.jp/newgraduate/


私が大学生で就職活動したのは、もう20年近く前になります。
当時は就職氷河期の真っただ中で、だれでも数十社エントリーして、ようやく内定を一つ二つもらえるのがやっと・・・という時代でした。

この数年は好景気と少子化の相乗効果で、比較的学生さんが主導権をもって就職先を選べる状況が続いています。

時代は変われば変わるものですね。

採用する側の企業にとっては大変なことですが、働く先を選べる自由があることは、学生さんはもちろん、社会全体にとってもいいいことだと思っています。

こういうチャンスに恵まれているからこそ、今年の学生の皆さんには、ぜひじっくりと進路を考えて、自分が本当にやりたい仕事、働きたい職場を選び取ってほしいと思います。

「企業風土」が自分に合っているかどうかは、楽しく・やりがいをもって仕事をするためにほんとうに大事な要素です。いろいろな会社の先輩方とたくさん話をして、素の自分に合った雰囲気の会社があれば、その縁を大切にしてほしい。

アライブも、合同説明会・個別説明会と学生さんと若手社員が自由に話し合う場をたくさん設けています。

-------------
■合同説明会
 ・新卒のかんづめ合同企業説明会
  3/8(金)12:00~17:00 @アクトシティ浜松
  https://ssl.at-s.com/shinsotsu/2020/gakusei/gak03200.aspx?gcd=114

 ・マイナビ就職セミナー 合同会社説明会
  3/13(水)3:00~17:00 @アクトシティ浜松
  https://job.mynavi.jp/conts/event/2020/w/4057/

■個別説明会
 ・3/15(金)~4/5(金) 全6回 @アライブ本社
  https://job.mynavi.jp/20/pc/corpinfo/displaySeminar/index?optNo=aTlPIC&corpId=109446
-------------

学生の皆さんが、自分と合った会社との縁に恵まれることを、心から応援しています。

投稿日: 2019年3月 6日

ページの先頭へ

その他 舘山寺スマートインターチェンジ 3/17開通します!

不動産の仕事をしていると、公共インフラの影響力についていろいろと考えさせられます。

道路一本通ることで、その一帯の不動産の価値が一変します。

もう15年近く前になりますが、雄踏バイパスが開通したことで志都呂にイオンモールが開業し、入野→志都呂→雄踏の一帯が商業エリアに一変したことの驚きは、今でも鮮明に覚えています。

今も、第2東名が開通したことで、浜北~都田エリアが工業団地・物流団地として大きく開発が進んでいます。

新しい公共インフラには、街全体を一変する力を持っているんですよね。

そんななか、旧東名高速道路で工事中だった舘山寺スマートインターチェンジが、3/17開通します!



NEXCO中日本様からの発注で須山建設が直接施工したこともあり、非常に思い入れの深いインフラです。

舘山寺スマートインターチェンジを使うと、東名高速道路から舘山寺温泉まで車で5分でアクセスできます!

舘山寺温泉街の観光地としての価値がグッと高まります。

これから、舘山寺がどう変わっていくか、楽しみです。

投稿日: 2019年2月 5日

ページの先頭へ

その他 改善活動発表会を開催しました

あけましておめでとうございます。

昨年の話になりますが、12/25に「改善活動発表会」を社内で開催しました。

各チームごとに「今年のベスト改善」を発表し、全社員の投票で優秀チームを選定する、というイベントです。

ちなみに、各チームのテーマは以下の通りです。


はじめての試みだったので期待と不安があったのですが・・・いい意味で裏切られました。

どのチームも素晴らしいプレゼンばかりでホント感動しました。


アライブの社員のレベルは高い!

みんな仕事に真剣で、自分たちでどんどん仕事のやり方を改善していくマインドとスキルを持っています。

こういうマインドとスキルが会社の底力になり、お客様に喜んでいただく基盤になると信じています。

これから繁忙期に入ります。

賃貸管理会社として、お預かりしている賃貸マンションを満室にしていくことが、我々の最重要のミッションのひとつです。

改善を積み重ねてきた成果を、「入居率」という形でオーナー様にお返しして行きます!

本年もよろしくお願いいたします。

投稿日: 2019年1月10日

ページの先頭へ

営業エリア
  • 浜松
  • 磐田
  • 袋井
  • 掛川
  • 静岡

最近の投稿

月別の投稿

売却相談・無料査定 不動産に関するご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください

最新ニュースをお届けする アライブブログ

オーナー様へ

土地活用

  • 土地活用における浜松の魅力
  • 土地活用事例
  • 土地売却

マンション賃貸管理

  • 賃貸管理
  • 空室対策

浜松のウィークリーマンション ヒルトップ松城

お問い合わせ
お問い合わせフォーム
売却相談無料査定フォーム
レンタルシリーズお問い合わせフォーム