アライブ

aliveblog アライブ通信

アライブコーポレートサイト > アライブ通信 > Vol.179 管理戸数5000戸を超えた今。

Vol.179 管理戸数5000戸を超えた今。2021/08/25 アライブニュース

2010年頃、アライブは管理戸数3470戸、年度末の入居率は90%前後でした。
あれから10年、管理戸数は5000戸を超え、入居率94%強で推移しています。
永くアライブの賃貸管理をご支援頂いているオーナー様、又、新たに賃貸管理を託して頂いたオーナー様 誠に有難うございます。
需要<供給 という賃貸市場構造の中で勝ち組に居続ける為に管理会社がオーナー様より頂く期待は多岐にわたります。

~物件改善等を織り交ぜた空室撲滅・滞納催促などを含む入出金管理・清潔で快適な建物維持~

管理戸数5000戸を超えた今、大切だと思っている事は
効率化すべき業務の推進と、愚直に社員が動くべき業務、この両輪でオーナー様の期待に応える事です。
賃貸管理会社の中には、
「入居付けは他社(客付会社)に任せ自社付けはしない。逆に、客付会社には空室情報を流さず自社のみで入居募集する=入居機会の損失?
「退去立会・原状回復業務を全て外注、入居者リクエストはコールセンター対応=事象把握できる?」等、
効率(?)運営 を推進する会社様も多い中、アライブは『情報やデータ・反復継続業務はデジタル化・効率化・外注化を推進』し、
『現場・お客様(オーナー様・入居者様)に関わる業務(接客・訪問・連絡・現場確認)は社員が自ら動き考える』一見、
効率化/非効率という反する業務を両輪で運営する事がオーナー様の期待に応える事だと思っています。
旧来⇔最新・デジタル⇔アナログのハイブリットな視点がアライブ賃貸管理がお客様に活かされる道だと信じ活動してまいります。

常務取締役 吉原雅之


広告活動について

アライブの認知度ってどれくらいのものなんでしょうか?

お客様や業者様とお話をしてる際、「よくアライグマの看板を見かけます。」とおっしゃって頂けることが多いです。

アライブの看板は、賃貸物件、野立て、管理地看板など県西部に約700枚以上が設置されており、不特定多数の方が目にする重要な広告塔です。
最近はネット広告にも力を入れていますが、看板は日常生活で潜在的に認知される媒体として必要不可欠なものと考えています。

アライブでは、新たに浜松市役所の総合インフォメーション遠鉄バスの車内アナウンスに広告を出すことと致しました。
いずれも看板と同様に潜在的な認知度の向上が目的です。

市役所にお立ち寄りの際、静岡大学の停留所を経由するバスにお乗りの際に、出来るだけ多くの方々が目と耳でアライブに触れて頂ければ幸いです。

総務部長 須山智之


賃貸経営応援セミナー第一回目 開催

6/27に本年度第一回目の賃貸経営応援セミナーを開催しました。
今回は第一部でおなじみ「身近なオーナーが行った空室対策‟生の成功事例“2021繁忙期編」、第二部で上記空室対策コーナーで一部をご紹介した
「アライブへの管理変更時の事業改善プロセス」と「最新賃貸市場動向と賃貸版‟令和ニューノーマル”」というテーマで開催しました。最新市場動向と令和ニューノーマルのコーナーでは、各種市場データから、今後拡大が予測される顧客層をどのように考えるかを検証しました。
セミナー内容についてのお問合せは       賃貸ソリューション課 📞053-475-5222まで

大家さんフェスタ2021@名古屋 出店

6/26に名古屋で開催された「大家さんフェスタ2021@名古屋」に出店しました。コロナ禍のなか約400人が来場されました。
本イベントは賃貸住宅フェアよりも規模は小さいですが、興味深いセミナーも複数開催されています。

須山グループ オーナーズ倶楽部総会 開催準備中

昨年はコロナ禍で中止となりました毎年恒例の年次総会も、今年は開催の予定で準備をすすめています。
コロナ禍の状況にもよりますが、詳細は追ってご案内させていただきます。

賃貸ソリューション課 野口剣吾

■告知 9月上旬にリノベーション見学会開催決定!詳細は別紙チラシでご確認ください。