アライブ

aliveblog アライブ通信

アライブコーポレートサイト > アライブ通信 > 2021年8月 管理替え時の経営改善のプロセス ~賃貸経営応援セミナー抜粋~

2021年8月 管理替え時の経営改善のプロセス ~賃貸経営応援セミナー抜粋~2021/08/25 空室対策レポート

今回は6/27に行った賃貸経営応援セミナーの内容を一部抜粋してご紹介します。
浜松市中区にある全4棟55戸の賃貸マンション群。
某チェーン系不動産業者よりアライブへ管理変更した物件の経営改善した事例をプロセスに沿ってご紹介しました。

RC造で築18~27年、複数間取りのファミリー物件。

ここ数年はほぼ80%の稼働で、手残りが無く非常に厳しいとご相談をいただき、事業内容を分析したところ複数の改善ポイントが見つかりました。

1.運営費が高い
2.空室の原状回復が中途半端
3.前管理会社が空室情報をクローズ
4.設備の最新化ができていない
5.借入金利が若干高い     etc.

上記を一つ一つ改善し、受託時78.2%だった物件も1年半後には満室となり、運営費も改善され、経営もより安定しました。
下の図は経営状況を分析するキャッシュフローツリーです。
アライブは賃貸経営におけるお金の流れを体系的に、マンション資産の現状を多角的に分析し、経営改善をご提案します。

磐田店店長 太田 有昭