アライブ

aliveblog アライブ通信

アライブコーポレートサイト > アライブ通信 > 全国賃貸住宅新聞 2021管理戸数ランキング (1063社)

全国賃貸住宅新聞 2021管理戸数ランキング (1063社)2021/09/21 アライブニュース


全国賃貸住宅新聞 2021管理戸数ランキング (1063社)

このランキングは、2020年度の賃貸住宅管理戸数について全国の賃貸住宅管理会社に対してアンケート調査を実施し、
各社の申告をもとに1063社の結果がまとめられたものです。
1位には大東建託グループ117万4264戸~10位には旧雇用促進住宅を取得再生運営する  ビレッジハウス・マネジメント10万5478戸と、
メガ企業が連なる中、弊社 アライブ、 5209戸 236位 でした。(同エリアでは遠州鉄道様が5248戸 234位でした。)

同新聞記事の中に以下の記載があります。
☑賃貸住宅管理業適正化法(管理業法)が出来た事で管理業務が社会でより認知されると同時に、管理会社が果たすべき役割も大きくなったことを忘れてはならない。
日本の住インフラを担う存在であることを再認識し、入居者と建物を適切に管理していく能力を身に付けることが急務となる。
→ 急務=適切に管理していない現状がある事への警鐘の様にも聞こえます。

①賃貸住宅管理業者の登録の義務化
②営業所毎の業務管理者の配置
③オーナーへの重要事項説明
④財産の分別管理
⑤管理業務実施状況等の定期報告
法律で定義された上記①~⑤の業務を普段から適切に行う業者として、アライブはオーナー様の大切な資産を守り続ける事を約束致します。

常務取締役 吉原雅之


営業部の新しい試み ~リフォームパッケージ~

営業部にて、浜松市中区葵東の中古住宅を販売予定です。
中古物件は、リフォームにどれくらい費用がかかるのか、実際には工事業者さんに現地調査&見積もりを依頼しないと金額が分からず、
総予算を把握する迄に時間がかかってしまうことがあります。
そこで、営業部では須山建設グループの「スヤマビルドサービス」とジョイントし、あらかじめ価格を設定した「リフォームパッケージ」を作りました。
スヤマビルドが物件の事前調査を行い、お客様はこの物件購入と、リフォームを合わせてご検討いただくことができます。
住宅購入のためのローンとリフォームのローンを合わせることもでき、資金計画にも大きなメリットがございます。
世界的な木材不足で新築住宅供給が遅れている中、中古住宅に改めてスポットが当たりつつあります。
営業部ではこのような買取再販事業にもチャレンジしてまいります。

佐鳴湖クリーン作戦
8/8(日)須山グループNPO法人 浜松アメニティクラブは佐鳴湖をきれいにする会主催の「佐鳴湖クリーン作戦」に参加しました。
アライブからも数名が参加し、ゴミ拾いに汗を流しました。浜松アメニティクラブは地域の環境保全活動に積極的に参加しています。

生活応援ツールお部屋の取説 作成しました
弊社管理物件にご入居の皆様の利便性向上と、業務効率改善の為、入居中のトラブル対策をまとめた「お部屋の取説」を作成しました。
トイレの詰まりや、エアコン不具合、電気が点かないなどの設備トラブルの解決のサポートを目的に管理物件全戸に設置を進めています。

賃貸不動産経営管理士 移行手続き
2021年6月15日に施行された「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律(賃貸住宅管理業法)」。
施行により設置が義務付けられた資格者である「賃貸不動産経営管理士」はすでに18名が在籍しておりますが、
その登録のための移行講習もほぼ全員が済ませました。国家資格となり難易度が上がった本資格に今年も複数のスタッフがチャレンジします。

取締役管理部長 北島靖浩