アライブ

aliveblog アライブ通信

アライブコーポレートサイト > アライブ通信 > 総資産管理奮闘記vol.36

総資産管理奮闘記vol.362019/09/17 総資産管理 奮闘記

sousisan1909.pngA.まずは契約内容や過去の書類をしっかりと確認しましょう。

契約内容を把握し今後の経営に備えていくことが重要です

昨今、サブリースに対してのマイナスな報道が多くありますが、不必要に怖がらず、まずは現状の経営をきちんと把握することから始めましょう。

ポイント① まず、契約当時の書類、その後の更新した書類などを確認する。

はじめに大事になるのが、引き継いだ契約がどんな内容だったかをきちんと0915.png把握しておくことです。そのうえで契約当時の書類や、その後の契約変更などの書類を確認できる状態にしておくことをお勧めします。

ポイント② 今後の経営がどうなるか、整理する。

今後の経営で最も大事なことは、収入がどれだけ残るかを推測し、対策を打っていくことです。そうはいっても先のことはなかなかわかりませんから、どんな契約内容かで判断することが大事です。主に見ておきたいのは以下の3つです。
①賃料減額がどのタイミングで起こるか(起こりそうか)
②空室時の賃料の免責
③修繕契約内容(対象の工事とそうでない工事内容、費用の目安など)将来
に渡って安心できる・収入が確保できる内容かどうかを判断しましょう。

ポイント③ 専門家に相談する0916.png

そうはいっても、「ご自身の経営を今後どうしていけばいいか」、「今の収入で大丈夫なのか」、「契約内容が細かくてそうはいってもどこがポイントになるかイマイチわかりづらい」など気になるところあると思います。

気になる方は無料でご相談に応じます。気軽にお問い合わせください。

soryu1909.png